相沢沙呼『雨の降る日は学校に行かない』

『雨の降る日は学校に行かない』

著者:相沢沙呼
出版社: 集英社
単行本: 240ページ
発売日: 2014/3/5

  • おすすめ:中学生の女の子に
  • 学校でうまく居場所を見つけられない中学生の女の子たちの物語
  • 連作短編なので、あまり本を読まない人にも

本の紹介(あらすじ)

教室の中にうまく自分の居場所を見つけられない女の子たちの6つの物語。

たくさんの中にいるからこそ、だれかにわかって欲しいという思いは強くなるのかもしれない。本当にひとりなら寂しさなんて感じることもないのかな。

どのおはなしも女の子が主人公。女子特有の感覚がすごくよく描かれていて、女の子なら共感するところが多いはず。

教室に居場所のないサエとナツは、お昼を保健室で過ごしていた。ある日サエが「自分のクラスに戻る」と言い出して…(『ねぇ,卵の殻が付いている』より)。

どのおはなしも心に残っていて好きなのですが、中でもよかったのは

「死にたいノート」

「放課後のピント合わせ」

「雨の降る日は学校にいかない」

”お父さん、お母さん、先立つ不孝をお許しください”。早朝の教室で毎日手帳に書いていた遺書。その手帳を偶然拾ったのは、クラスでも人気者の女の子。持ち主を探すことになるのだが…。(「死にたいノート」より)

「雨の降る日は学校にいかない」は、えぐられるような辛さがあって、でもやっぱり応援したくなっちゃって最後まで読んでみて…、あっそういうことなのね、ってすとんと落ちる。感想だけ聞かされても、よくわからないよね。

本をチェックする

雨の降る日は学校に行かない
集英社
¥1,430(2020/02/23 19:02時点)

もくじ

「ねぇ,卵の殻が付いている」
「好きな人のいない教室」
「死にたいノート」
「プリーツ・スカート」
「放課後のピント合わせ」
「雨の降る日は学校に行かない」

この本もおすすめ

↓ 同じ作家の本を読みたいなら ↓

medium 霊媒探偵城塚翡翠
講談社
¥1,870(2020/02/23 19:05時点)

小説の神様 (講談社タイガ)
講談社
¥858(2020/02/10 14:49時点)

面白かったらこの本もおすすめ

本の感想おすすめレビューをお待ちしています