岡田依世子『ぼくらが大人になる日まで』~ぼくたちは大人を信じていいのか

ぼくらが大人になる日まで
  • 小学校高学年におすすめ
  • 中学受験をテーマにした小説

中学受験なんのため?

自分のために、あるいは親のために。

何かをめざして、あるいは何かから逃れようとして。

それぞれの理由を抱え受験するために進学塾に通う6人の物語。

目指す受験の先に何があるのか。
―ぼくたちは大人を信じていいのか。

ここに出てくる6人は、はじめはどうであれ最後には自分の考えで進む道を選んで、自分の人生を踏み出していきます。

最後に彼らが選んだそれぞれの決断とは・・・。

自分で人生を選んで進んでいくのは、勇気のいることだし、難しいことだと思う。
でも、それが自分の人生を歩むということではないかと思う。

本をチェックする

ぼくらが大人になる日まで
講談社
¥1,924(2020/09/30 20:51時点)

発売日 : 2007/12/13
単行本 : 212ページ
ISBN-13 : 978-4062144520

続けて読みたいおすすめの本

児童書
*Amazonで賢くポイントを貯めよう*

Amazonで賢くお買い物!
チャージタイプのギフト券なら現金チャージでポイントもたまります。
Amazonで詳しく見る
**フォローする**
この本の担当者
ゆう

ぶっくす雨だれの店主。
好きなこと:本を読むこと、食べること。
苦手なこと:そうじ
学校図書館あちこち。ブックカフェを開くのが夢です。

**フォローする**
BOOKS 雨だれ

この本を読んだみんなの感想

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。
 

BOOKS雨だれおすすめベスト

10代におすすめのブックサイト【BOOKS雨だれ】が選ぶ、学年別おすすめの本50冊!朝読書や本選びに迷ったらチェック。読みたい本がきっと見つかる。