長江優子『ハンナの記憶 I may forgive you』

ハンナ記憶 YA文学
第二次世界大戦下の日本が舞台
高学年・中学生におすすめ
戦争と平和について考える本
スポンサーリンク

おばあちゃんに届いた外国からの手紙

家族の秘密を知ることで歴史を知る。

『ハンナの記憶』もそんな小説。

家出をしてきたおばあちゃんに届いた外国からの手紙。
地震で崩れた荷物の中から見つけた、古い交換日記。

画像リンク:楽天ショップ

中学二年生の波菜子は、その日記を開いてみる。そこには、おばあちゃんも語ろうとしなかった戦時中のできごとが記されていた。

波菜子おばあちゃんが忘れようとしている戦争の記憶に向かい合う。

戦時中、日本に暮らしていた外国人やその家族にどのようなことが起こったのか、この物語からいくらか知ることができるかもしれません。

ある秘密』を読んだ。2004年に「高校生の選ぶゴンクール賞」に選ばれた作品なのだが、フランスの高校生の目のつけどころの良さに脱帽する。

10代の主人公が家族にまつわる秘密を知るという自伝的作品は、高校生が興味を抱くのに十分なテーマであるし、読みやすさもあり、読み応えもある。なるほど10代にも選ばれるようないい作品ではあるけれど、さて、このようなテーマの作品を日本の高校生たちが「いい作品」として選べるだろうかと考えてしまった。(それ以前に、この手の本を読む高校生も少ないだろな…なんて)

司馬遼太郎作品などの歴史ものは、男女限らず10代でも「好きっ」という人はいるけれど、戦争や迫害の歴史に関する小説ってどこかお勉強的だものね。とはいえ、直接の体験談を聞く機会もほとんどないいま、本から知る情報は大きい。

 

この本もおすすめです

中学生・高校生が読むべき戦争の物語【日本小説編】
中学生・高校生にぜひ読んでほしい「第二次世界大戦」をテーマにした小説を厳選しました。

コメント