朽木祥『光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島』

平和

  • 中学生・高校生におすすめ
  • 広島を舞台にした小説
  • 戦争・平和について考える
  • 読書感想文にも

25年目の真実

戦後から25年後の広島。
灯篭流しの夜、中学1年生の希未(のぞみ)は見知らぬ老婦人に声をかけられる。
希未の年を聞き、希未の母の年齢を必死に尋ねる老婦人の姿に、彼女が探しているのは母ではないかと、希未は思う。

一方、美術部の顧問吉岡先生が病気で休職することになり、先生が入市被曝していたことを知る。入市被曝というのは、原爆投下後に救助のために市内に入ったことで被曝したことをいう。

希未たち美術部は文化祭の作品テーマを「あのころの廣島とヒロシマ」として、身近な人たちにあの日までの廣島とあの日のヒロシマでどんなことがあったのか話を聞くことに…。
同じ景色を描いた何枚もの絵。家族を失いひとりぼっちになってしまった女性。最後まで生徒をかばった先生。

突然に日常を断絶されてしまった残された人たちの後悔の思いに涙が止まらないのは、ただ健気に生きようとする日々への願いがいまに生きる私と同じだと気付いたから。
戦後に生まれた子どもたちが、身近でありながら実はよく知らなかった戦争を知ろうとする。

本をチェックする

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーリンク