中沢啓治の自伝的ノンフィクション『はだしのゲンわたしの遺書』

伝記 | 戦争と平和

  • 小学校高学年から大人にも
  • 漫画「はだしのゲン」の作者、中沢啓治さんの自伝書
  • 漫画は苦手な人にも、読みやすいです

小学校高学年・中学生に読んでほしい原爆体験をつづったノンフィクションです。

原爆投下後のヒロシマを漫画『はだしのゲン』で描いた中沢啓治さん。漫画は彼が見てきた世界をほぼそのままうつしたものでした。中沢さんが漫画に託した、次の世代へ伝えたかった思いとは。

原爆を伝える漫画「はだしのゲン」

1945年、終戦間近の広島市。小学2年生の中岡元(ゲン)は、父と母、姉の英子、弟の進次と貧しくともつつましく暮らしていた。8月6日の朝、いつものように学校へ向かったゲンは、突然の閃光と爆風で気を失った。気が付くと町は一面変貌していた。多くの建物が押しつぶされ、真っ黒に焦げに転がった死体、焼けただれた皮膚を引きずり歩く人々、全身にガラスが刺さった少女…見たこともない景色が広がっていた…。

漫画「はだしのゲン」は、原爆投下直後の広島の町の様子を克明に描き、その惨状を伝えました。言葉で伝え聞くことには想像力の限界があります。そこに描かれていたのは、これまで想像もしえなかった現実の世界でした。この漫画を通じて、わたしたち日本人の多くもはじめて原爆がもたらす本当の恐ろしさを知ったと言えるのではないでしょうか。

小学2年生のゲンの目線を通して描かれる戦争と原爆の恐怖は私たちの心臓をわしづかみにし、震え上がらせるほどの現実でした。(中沢さんは、本当はもっとリアルに描きたかった、と語っていますが)

どれも、そのほとんどが著者・中沢啓治さん自身の経験や伝え聞いた話から描かれています。

漫画「はだしのゲン」は、1973年から集英社の「週刊少年ジャンプ」で連載が開始されました。子どもたち向けとして書かれた作品でしたが、「週刊少年ジャンプ」では子どもたちの人気はイマイチだったようです。週刊少年ジャンプのおもしろさは、アンケートでの人気投票によって連載枠が確保できるシステムにもありますが、当時の編集長の意向で人気投票とは別枠で「はだしのゲン」は連載を続けていました。

当時の子どもたちに原爆のことを伝えたいという中沢さんの強い思いが込められていたのです。

やがて「はだしのゲン」は子どもたちだけでなく原爆を知らない大人、日本全体にとっても原爆を伝える代表的な物語となり、原爆を知る貴重な資料意として世界でも10か国以上の言語に翻訳されて読まれています。

少年ゲンの自伝的ノンフィクション

『はだしのゲン わたしの遺書』は、「はだしのゲン」の著者・中沢啓治さんの自伝的ノンフィクションです。この本を読むまで、わたしは『はだしのゲン』はフィクション(物語)だと思っていました。

わたしが「はだしのゲン」を読んでいたのは、小学校高学年のころ。

小さな少年・ゲンが原爆投下された広島の町で奇跡的に無傷で助かったり、家族が家の下敷きになって焼け死んでしまったり、原爆直後に母が出産したり、そんな不幸と驚きの連続がひとりの人間に起こるわけがない、と思っていたのです。

小学生のころは、まだ自分の想像の範囲でしか物事を考えられなかったんですね。

中学生のみなさんも考えてみてください。自分の人生に、一度にそんなことが起こるなんて考えられますか?

わたしは長い間、はだしのゲンで書かれているのはいろんな人の体験を交えたノンフィクション漫画と考えていました。もちろん、ここに描かれていることがすべて実際に起こった出来事ではありませんが、漫画の冒頭部分、原爆投下直後のできごとは、中沢啓治さんが実際の体験がほぼそのままに描かれている、ということにまず一番驚きました。

漫画の中で主人公のゲンは小学2年生として描かれていますが、1945年8月6日、著者の中沢さんは当時小学1年生でした。「はだしのゲン」で描かれているように、偶然にも小学校の門の影に隠れるような位置となり、奇跡的に無傷でした。

同じ時間、たてものの打ち壊し作業のために本川の土手に集まっていた広島二中の一年生は、数日のうちに全員が亡くなっています。

広島市のホームページによると、当時の広島市の人口35万人の市民や軍人がいたと考えられています。そのうち、この年の12月までに亡くなった人はおよそ14万人。爆心地から1.2キロメートルでは、その日のうちにほぼ50%が死亡。爆心地により近い地域では80~100%が死亡したと推定されています。

中沢さんが原爆投下直後の広島の町で命が無傷で助かったことは本当に奇跡といえるかもしれません。この日、中沢さんは家を失い、父と姉と弟を失い、助かった母はショックから産気づき妹が生まれます。その後、広島の町で少年がたくましくど生きる様子は、漫画で描かれている通りです。

やがて手塚治虫に憧れて漫画家を目指すようになった中沢さん。

「原爆」という言葉を見るだけで、死体の腐る匂いがよみがえり具合が悪くなるといいます。「はだしのゲン」を読んだ小学生からは「怖くて眠れなくなった」という声もありました。リアルに描けるのは、当時の記憶が焼き付いて離れないほど鮮明に残っているからなのです。

あの頃をふりかえる度に、家族を失った苦しさや母の死への悔しさを思い出して辛くなるという中沢さんが、なぜ原爆漫画を連載しようと思ったのでしょうか。

「はだしのゲン」を描くことでどうしても伝えたかった思いが、この本の中で語られています。

『わたしの遺書』では、漫画には描ききれなかった少年ゲンの心の内や看板屋の仕事、手塚治虫に憧れてめざした漫画家への道など、中沢さんが語りかけるような文章でつづられ、まるでドキュメント番組を見ているようにすらすらと読めます。

まんが「はだしのゲン」も多くの中学生・高校生に触れて欲しい漫画ですが、「はだしのゲン」が怖くて読めない、という人にこそこちらのノンフィクションを強くおすすめします。

2012年12月19日、中沢啓治さんが亡くなったその翌日に本著が出版されました。なにか運命めいたものも感じます。

NHKクローズアップ現代ー世界をかける“はだしのゲン”

おすすめの本

この本を読んだ人におすすめの本

『いしぶみ―広島二中一年生全滅の記録 』

戦争についてもっと知りたい人に

中学生や高校生にぜひ読んで欲しい戦争を伝えるノンフィクションを5冊選びました。

中学生・高校生のみなさんに読んで欲しい戦争の本を海外小説、日本小説、ノンフィクション、絵本などジャンル別にまとめています。