三浦しをん【風が強く吹いている】

スポーツ | 入試問題 | 教科書

おすすめポイント

BOOKS雨だれ 中学生・高校生におすすめ
BOOKS雨だれ 大学駅伝をテーマにした小説
BOOKS雨だれ スポーツが好きな人におすすめ
BOOKS雨だれ国語教科書で紹介
BOOKS雨だれ 映画原作

駅伝青春小説NO.1!無名の新設大学駅伝部が、箱根出場に青春をかける。駅伝が好きな人も、走ることが好きな人も、スポーツなんか嫌いな人も、これを読み終えた後では箱根駅伝が違ったものに見えるはず。

箱根駅伝をつなぐ襷

マラソンという全くの個人競技でありながら、襷をつなぐことで団体競技となる。ただの襷ではない。何十年と箱根を往復し、何百人の手に渡されてきた襷。そのことが選手をがむしゃらに、ただひたむきにさせる。仲間のために、歴史のために、未来のために。

箱根駅伝、大好きです。2012年は両日ビデオ録画し全コース余すところなく楽しみました。毎年そうですが、見どころ満載、感動しまくりでした。

箱根駅伝といえば、名門大学たちが代々受け継がれてきた襷をつないで走るイメージ。ところがこの小説に出てくるのは、これまで箱根出場経験なし(箱根駅伝すら知らなかったり)。
陸上部員でもない(勝手に登録はされてるのですが)。
スポーツに無縁(特に約1名)という人たち。

竹青荘の管理人的存在のハイジ、走りの天性をもつ走(かける)、元サッカー部の双子、就職浪人ヘビースモーカー、黒人留学生、漫画オタク…無謀とも思えるメンバーで挑む箱根駅伝で、彼らが目指す「頂点」にたどり着けるのでしょうか。

どのメンバーも個性が光っていて、コミカルに描かれているので、青春スポーツ×コメディーものとして楽しめます。キャラ設定がしっかりしているので、いろんなメンバーに共感しながら読めるんじゃないでしょうか。十人十色のメンバーたちが、それでも必死になり走り出す姿に、こちらもいつしか夢中になってしまいます。

そんなぽっと出の輩が簡単に出れるほど箱根は甘くないぞ~!!と、日々練習に励んでいる名門大学陸上部(本書でいえば東体大か)のみなさんからお叱りの声が飛んできそうですが。そこは、歴史も重いが新参者も受け入れる箱根駅伝の素晴らしさ。実力が備わってれば(予選会を突破できれば)出場権を与えられるのです。その予選会突破のシーンは、この小説のひとつの山場になってます。

お気に入りは、神童の5区。体調を崩しながらの山登りで、最後まで必死に登る姿に、今年の東農大を重ねて応援せずにはいられない。6区のユキが、走の速度を体感するくだりもいいね。「走、おまえはずいぶん、さびしい場所にいるんだね。」というセリフにアスリートの孤高さを感じて、「キャ~カッコイイ~」とちょっとミーハーっぽくときめいたり。

箱根駅伝ファンにはもちろん、走りを体読してみたい方にぜひおすすめの1冊です。

国語教科書で紹介

BOOKS雨だれ 東京書籍中学校2年生国語教科書

入試問題に出典

BOOKS雨だれ 2016年沖縄県公立高校国語入試問題に出典

映画原作

2009年映画化・劇場公開されました。

監督:大森寿美男、音楽:千住明

出演:小出恵介、斉藤圭太、斉藤翔太、ダンテ・カーヴァー(ソフトバンクのCMでおなじみ)

映画『風が強く吹いている』公式サイト

原作を読んでから映画を見るのがおすすめです。2時間におさまりきらないから(>_<)

じっくりと読める原作の方が、ぐっと迫るものがありました。

*本をチェックする*

表紙のイラストやソフトカバーなところや紙質も、文庫本よりも単行本の方が好みです。